Now Loading

NAGASAKI Kusunoki project

 

22瓊浦中学校クスノキ2

【樹木データ】

  • 樹種

    クスノキ

  • 高さ

    約18m

  • 幹回り

    胸高約3m

  • 所有者

    長崎市

  • 見学

    可能

 

長崎県立長崎西高等学校内の3本の被爆クスノキ。

1923年に開校した長崎県立瓊浦中学校。正門に通じる坂(通称「遅刻坂」)にはその斜面に沿って、多くの樹木が植えられていました。

しかし、原爆被爆時に、数本の樹木を除いて、その大半が爆心地と反対側に向かって、根元から折れ、坂道をふさぎました。被爆から約2ヶ月後に撮影された写真には、まるで被爆直後かのように、周辺のものも含め根こそぎ破壊される様子が撮影されており、爆心地方向からの爆風の強烈さを物語ります。

現在残っているクスノキは、枝や葉を吹き飛ばされながらも、その強い生命力で新芽を出し、回復しています。

被爆樹木一覧へ